nav-button

search

2008年1月26日 保健室 「ほけんだより」(2008.1)より

インフルエンザは風邪とは違います。38℃以上の高熱と頭痛や関節痛などの全身症状で、5日間近く寝込むことになります。
予防方法は風邪とほとんど同じですが、日常生活で予防するのが一番です。もし、かかったと思ったら、すぐに医師の診断と治療を受けてください。

《予防方法》

  • 手洗い、うがいをこまめにする。
  • 栄養と休養を十分とる(寝不足、栄養不足は免疫力を低下させます。)
  • 室内の温度、湿度を適度に保つ。(インフルエンザは多湿に弱い。)
  • 人混みを避ける。

《特 徴》

  • 急激な発症
  • 38℃以上の発熱と悪寒
  • 関節痛、筋肉痛
  • 倦怠感、疲労感
  • 頭痛
  • 咳、くしゃみ、鼻水、咽頭痛
*初期症状(突然の発熱、悪寒)を見逃さずにすぐ病院へ。

《インフルエンザは出校停止》

 感染力の強いインフルエンザは「出校停止」になりますので欠席扱いにはなりません。もし、インフルエンザと医師に診断されましたら、早めに担任の 先生まで連絡してください。医師の指示に従って安静に過ごし、許可がおりるまでしっかり治してから登校してください。登校許可の証明書は、以下の方法で取 得して、医師に記入してもらい担任に提出してください。
  • 4月に配布した「登校許可についてのプリント」
  • 生徒手帳の25ページを拡大コピーする。
  • 学校にある証明書
  • 本校ホームページからダウンロードする。