nav-button

search

受験のポイント

受験のポイント

お問い合わせの多い受験科目の出題傾向について、各教科の担当者からのアドバイスです。
傾向と対策も大事ですが、それ以上に考える力、それを支える幅広い知識と学力が大きな鍵となるでしょう。
一日一日を大切に、確かな基礎力を身につけられるよう、努力しましょう。
  • 中学入試
  • 高校入試

中学入試

国語
  • 1時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 昨年度と大きな変更はありません。
  • 問題構成としては、例年長文読解問題が60~70%、小問が30~40%です。
  • 記述式問題も多く、誤字・脱字・答え方が不正確の場合(例えば、理由を問われているのに“~こと”と答える)、減点の対象となります。また例年、指示語、接続詞、主語、言葉の係り受けの問題などが出題されています。
  • 小問については、漢字の読み書きが20点前後出題されます。漢字は、小学校の学習漢字の範囲内ですが、字は丁寧に書くことを心がけてください。そのほか四字熟語、慣用句、諺、語句の意味、言葉のきまり(文法)などが出題されています。
社会
  • 2時間目30分の実施で、50点満点です。
  • 地理・歴史・公民の3分野から出題されます。
  • 解答形式は「選択肢から選ぶ」「語句を解答する」ものがほとんどですが、「短い文章解答する」ものが出題されることもあり、1問あたりの配点は1~3点です。
  • 地理については、日本地理を中心に出題されますが、基礎レベルの世界地理も出題されることがあります。グラフを読み取る問題がよく出題されています。地名については、地図帳で位置を確認する習慣をつけておいてください。歴史については、ことがらを単独で覚えるのではなく、原因から結果までの全体の流れを理解するようにしましょう。年表を活用した学習が効果的です。文章で解答する問題は、歴史で多く出題されます。公民については、日本の政治を中心に出題されます。世界については、基礎レベル程度です。学習内容はそれほど多くないので、もれのないようにしましょう。
  • 過去1年間の時事を地理・歴史・公民の3分野に関連させて出題されます。日頃から新聞に目を通すように心がけるとよいでしょう。
  • 用語・地名・人名を漢字で正しく解答できるようにしておきましょう。
理科
  • 3時間目30分の実施で、50点満点です。
  • 大問は5~8問(小問としては25題程度)で、小問1問が2~3点の配点です。
  • 「物理」「化学」「生物」「地学」の4分野から出題されます。解答方式は「選択肢から選ぶ」「語句を解答する」「計算による数値解答」が多く、10~20字の記述式問題が出題される場合もあります。問題の主な内容は「知識を問うもの」「法則を使って論理的な思考力を問うもの」「実験・観察に関するもの」などです。
  • 「物理」は法則を利用した計算が多く、問題演習を多くする学習に励んでください。「化学」は反応の量的な計算と物質に関する知識を増やす学習に励むこと、「生物」は植物と動物に関する内容ですが、学ぶべき量が多いので、学習量に比例して必ず力がつくはずです。「地学」は天体・気象・地層に関する内容ですが、覚えるものと理論的に思考するものがあるので、地道な学習を続けてもらいたいと思います。
算数
  • 4時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 出題内容は、計算から文章題、平面・立体図形など、小学校で学習する全範囲から出題されます。
  • 例年の問題構成としては、計算・小問が8~10題程度。その後、文章題・グラフの読み取り、平面・立体図形などの問題が8~10問程度です。配点はほぼ均等です。
  • 本校では難問・奇問と言われるような内容は出題されませんので、確実に正解を導けそうな問題から取り組み、早く正確に計算ができるように計算練習を着実に行ってください。

高校入試

国語
  • 1時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 問題構成としては、例年長文読解問題が60~70%、小問が30~40%です。
  • 記述式問題も多く、誤字・脱字・答え方が不正確の場合(例えば、理由を問われているのに”~こと“ と答える)、減点の対象となります。また、指示語、接続詞、主語、言葉の係り受けの問題なども頻出しています。
  • 漢字の読み書きは、一画一画丁寧に書くことを心がけてください。そのほか四字熟語、慣用句、故事成語、語句の意味、文法などが過去に出題されています。
英語
  • 2時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 本校の英語の入試問題は、私立高校の入試問題としては標準的なもので、中学の学習内容を大きく逸脱するものではありません。まずは基礎的な英語力をしっかり身につけてください。
  • 中学校で学ぶべき基本的な文法事項は、私立高校受験用の問題集で学習し、その内容を自分のものにしてください。近年、文法問題の出来や単語を正しく書く力が低下しているように思われます。
  • 読解問題の出題数は3題程度です。総合的な英語力と、限られた時間内に読み取る力が必要です。日頃から多くの英文に慣れておくようにしてください。
  • 時間が許せば、読書をして国語の力をつけてください。日本語でも幅広い読書をしておくことは、文章の読解力を養う上で重要です。
数学
  • 3時間目50分の実施で、100点満点です。
  • 出題内容は、計算から文章題、平面・立体図形など、中学校で学習する全範囲から出題されます。
  • 例年の問題構成としては、計算・小問が8~10 題程度。その後、文章題・図形などの問題が8~10 問程度です。
  • 一部に途中の式や考え方を見る記述式の問題が出題されます。普段から式や考え方が正確に書けるように心がけてください。
  • 確実に正解を導けそうな問題から取り組み、早く正確に計算ができるように計算練習を着実に行ってください。
  • 難問や奇問と言われるような内容は出題されません。必ず標準的な高校受験用問題集を一冊やり通し、中学校で学習する内容をしっかり理解してください。