nav-button

search

建学の精神

校訓・理念

校訓・理念

中野学園は中学・高校と6ヶ年にわたる一貫教育を行っています。明治大学の付属校としての連係を密に、中学・高校・大学を結ぶ10ヶ年一貫教育を目標としています。付属校の生徒であることに甘えず、基礎学力をしっかりと身につけることはもちろん、学校行事や特別教育活動等を通じ、強い身体と精神力を養い、バランス感覚を備えた人物の育成を実践し、「生きる力」を育んでいます。校訓の「質実剛毅・協同自治」を柱として、合言葉「みんなで仲良く、正直に、真面目に、精一杯努力する」や実践目標を設け、日々の指導にあたり、本校の卒業生が大学の核、やがては社会の核となることを願っています。現在は約75%の生徒が明治大学に推薦で進学し、残りの生徒は他の大学を受験しています。明治大学推薦、他の大学受験、いずれの進路においても充分対応できるカリキュラムを組んでいます。
クラブや生徒会活動も活発に行われており、上級生・下級生・教師、OBが一本のパイプでつながり、伝統を守っています。

教育目標

学園の合言葉
「みんなで 仲良く 正直に 真面目に 精一杯努力しよう」