nav-button

search

校長挨拶

進むべき方向を見出す

1929(昭和4)年、「質実剛毅・協同自治」を校訓に、「世の人のため、国のため」に有為な人材を育成することを目的として、現在の地に旧制中野中学校が設立されました。

1945(昭和20)年、東京大空襲で学校の全施設が焼失し、存続の危機に陥りましたが、教職員・父母・卒業生が一体となって復興に尽力し、今日の礎が築かれました。1949(昭和24)年には、明治大学の付属校となり、大きく飛躍して、現在に至っています。1984(昭和59)年、女子教育も、との思いから兄弟校として男女共学の「明治大学付属中野八王子中学・高等学校」を開校しました。2009(平成21)年には創立80周年を迎え、その記念事業として教育内容のさらなる充実を図るべく、現在、校舎建替計画が進行中です。

創立以来の建学の精神を基に、男子校にふさわしく生徒一人ひとりが飾り気のない人間性と協調性を身につけ、また付属校の特性を生かし、明るくのびのびとした学園生活の中で情緒豊かな個性が発揮されることを教育の目標としています。そして、学園をあげて「知・徳・体」のバランスのとれた教育の実践を心がけています。具体的には、勉学とクラブ活動に精一杯努力して「文武両道」を完結できる教育にあたっています。

また、活発なホームルーム活動や生徒会のボランティア活動、ゴミのリサイクル運動、校内外美化活動等を通じ、他人に対する思いやりの気持ちを育て、「心」の教育にも大きな力を注いでいます。さらに、移動教室をはじめ、さまざまな校外学習においても、教科の枠を越えて集団生活の中での「自ら考え、行動する力」・「共生」の養成に取り組んでいます。

進路選択にあたっては広い視野に立って、適性に応じた道が選べるようにきめ細かな指導をしています。明治大学学部説明会(特別進学講座)や生田校舎見学会(理工・農学部見学会)、明大公開授業等、大学との連携を深め、6年間、ひいては10年間の一貫教育を目指して、大学の核となる人材の育成に努めています。学内では進学に対応するために平常・夏期講習を数多く開講し、さらに全国的規模の模試を年数回受験するなど、基礎学力の向上に努め、明治大学へは約75%以上が推薦されています。また、本人の強い志望に応じて、他大学進学にも十分対応できる進路指導を行い、その成果も上がっています。

本校を目指す受験生諸君、ぜひとも中野学園に入学し、私たちと3・6年間を共に過ごし、21世紀を担う人材として活躍してほしいと願っています。